B型肝炎の給付金とは

まずは、B型肝炎給付金について知っていきましょう。

注射B型肝炎の給付金は、集団予防接種で注射器の使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人、その家族に対して支払われる国からの損害賠償となります。感染の証拠などを揃えること、決められた訴訟手続きを行うことにより、病状ごとに定められた金額が受け取れます。ただし、これには条件があり、それを満たす必要があります。

給付金を受けることが出来る条件は、集団予防接種で感染した人の場合は、生年月日が1941年の7月から1988年の1月までの間の人。満7歳までに予防接種・ツベルクリン反応検査を受けた人。B型肝炎ウイルスに感染している人、予防接種以外の感染原因がない人という条件になります。そして、母子感染した人の場合、母親が集団予防接種で感染した人の条件を満たしていることで、これは二次感染者である可能性があるという意味になります。そして、B型肝炎ウイルスに感染している、母子感染以外の感染原因がないというところになります。こうした条件を満たしていることが必要となり、これらを証明するための手続きを終えたとき、B型肝炎の給付金が支払われることになります。ただ単にB型肝炎だからといって、患者全員に給付金が支払われるわけではないため気を付けましょう。