給付金額について

それでは、病状別のB型肝炎の給付金額について紹介します。

お金まず、脂肪・肝臓がんや重度の肝硬変と言った場合には、3600万円の支給金額が発生します。そして、軽度の肝硬変の場合は2500万円、慢性肝炎という場合には1250万円、無症候性キャリアというの場合には、600万円が支払われることとなります。ちなみに、病状別の給付金額はこのようになるのですが、感染から20年経過してしまうと給付金額が減ってしまいます。治療中の慢性肝炎に対しては300万円、治療済みの慢性肝炎に対しては150万円、無症候性キャリアについては50万円の給付金が受けられます。

ちなみに、給付金が0になってしまうことはありません。ただ、本来受け取ることが出来るはずの金額とは大きく違ってきますから、20年以内とは言わずに、とにかく迅速な行動を起こすことが大事になります。ちなみに、B型肝炎の給付金手続きを行う場合には、弁護士に入ってもらうこと、検査を受けたりと言ったことが必要になりますから、お金は多少かかります。ただし、そのお金も給付金に上乗せされる形で返ってきますから安心です。負担を少しでも軽くするためにも、給付金の支給はぜひとも早めに受けましょう。

B型肝炎の給付金とは

まずは、B型肝炎給付金について知っていきましょう。

注射B型肝炎の給付金は、集団予防接種で注射器の使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人、その家族に対して支払われる国からの損害賠償となります。感染の証拠などを揃えること、決められた訴訟手続きを行うことにより、病状ごとに定められた金額が受け取れます。ただし、これには条件があり、それを満たす必要があります。

給付金を受けることが出来る条件は、集団予防接種で感染した人の場合は、生年月日が1941年の7月から1988年の1月までの間の人。満7歳までに予防接種・ツベルクリン反応検査を受けた人。B型肝炎ウイルスに感染している人、予防接種以外の感染原因がない人という条件になります。そして、母子感染した人の場合、母親が集団予防接種で感染した人の条件を満たしていることで、これは二次感染者である可能性があるという意味になります。そして、B型肝炎ウイルスに感染している、母子感染以外の感染原因がないというところになります。こうした条件を満たしていることが必要となり、これらを証明するための手続きを終えたとき、B型肝炎の給付金が支払われることになります。ただ単にB型肝炎だからといって、患者全員に給付金が支払われるわけではないため気を付けましょう。

B型肝炎の給付金請求について知ろう

お腹にに子供B型肝炎の給付金とは、集団予防接種による注射器の使いまわしが原因となり、B型肝炎ウイルスに感染した人、あるいはその家族に支払われる、国からの損害賠償金のことを言います。感染の証拠を揃えて、決められた訴訟手続きを行うことにより、病状に応じた金額を受け取ることが出来るというものになります。

給付金を受けることが出来るのは、集団予防接種で感染した人、そして母子感染した人というところがまずあり、それに加えて所定の条件を満たすことになります。集団予防接種で感染した人は、生年月日が1941年7月から1988年1月までの間であり、満7歳までに予防接種・ツベルクリン反応検査を受けている、B型肝炎ウイルスに感染している、予防接種以外の感染経路がないということ。母子感染の場合は、母親が集団予防接種で感染した人の条件を満たしていること、B型肝炎ウイルスに感染していること、母子感染以外の感染原因がないことと言ったものとなります。

また、病状別の給付金額についてです。脂肪・肝臓がん・重度の肝硬変の場合は3600万円、軽度の肝硬変の場合は2500万円、慢性肝炎には1250万円、無症候性キャリアには600万円という金額となります。病状別の給付金額はこれらとなるのですが、特に気を付けたいのは発症してから20年経過した場合には貰える金額が減ってしまいますから、早いうちに行動を起こしましょう。ちなみに、弁護士を雇ったり検査を受ける必要があるのですが、それに対しての費用も給付金の支払いに上乗せという形で大部分を支払ってもらえます。